マリリン&トーマス公式サイトTOP
クリスタルボウル

トランジショナルクリスタルボウル

クリスタルボウル/デーヴァの贈り物

クリスタルボウルヒーリング

カテゴリー
Happyhappy Tweets
おすすめ♪
おすすめ♪
ストーンアライブ
ストーンアライブ (JUGEMレビュー »)
マリリン&トーマス・ツイントゥリース
リンク
プロフィール
携帯はこちらから♪
qrcode
<< マリリン&トーマスからのメッセージ 2013年2月 | 最新記事 | 水星に寄せて●マリリン&トーマスからのメッセージ >>
太陽系惑星期間に向けてのメッセージ from マリリン&トーマス
2012年夏のスタートから5か月間続いた太陽の期間、
そしてその後5か月間続いた月の期間が
来月4月の「新月」で終わりを迎えます。

いよいよ、次から
太陽系の惑星を1か月ずつ巡っていく期間が訪れます!

そこで
太陽と月とのコミュニケーションから、
それぞれの惑星とのつながりにシフト
していくと何が起こるの?

という質問をマリリン&トーマスに投げかけてみました。


***


惑星のプログラムは、
まず太陽と月と仲良くなることから始まります。

なぜなら、その二つが
私たちにとってもっとも明るく目立つ星だからです。

エネルギー的には、
太陽は無限の生命エネルギーや創造性をもたらし、
自分の人生や周りの世界に対しての
大きな夢や目標を持つことを助けます。


そして月は、どんな行動や感情を体験しているときでも、
自分自身をはぐくむことの大切さを教えます。



例えば、ある障害を飛び越えようとして
なかなかうまくいかないと感じるとき、
太陽は私たちが回復して再び立ち上がるのを
笑顔で待っていてくれますが
「具体的にヒーリングのプロセスをサポート
してくれる」わけではありません。

なぜなら、それは月の得意分野だからです。
私たちが傷ついて泣いているとき、
月は私たちに優しく教えてくれます。

「何があっても、自分の感情や感じていることが
もっとも深いヒーリングの鍵ですよ」と。

たとえその感情がその瞬間不適切に思えても、
それを感じる準備ができていないように思えても、
それがどんなに怖く感じても。

月は私たちの最も深く暗い部分に一緒におりてきて、
ハートのケアをしてくれます。

感じることこそが私たちの最も大切な強さだと教えてくれます。

想像できないほどの自己ヒーリングと
成長のための空間を準備してくれるのです。



占星術の言語では、太陽は陽のエネルギーであり、
何でもできてしまうクリエイティブな自分の象徴です。

月はハートの象徴であり、
人生で起こる出来事から受け取るあらゆる感情を表します。

太陽と月につながることで、
私たちは最も核になる自分とつながり、
さまざまなことを学んで成長し、
行動する自分(太陽)と存在する自分(月)の両方が
無限の可能性を得ることができます。


宇宙や星たちとつながるとき、
迷ったら太陽と月にフォーカスすれば、
ふたたびしっかりとした基盤を思い出すことができるのです。



その基盤ができたら、
いよいよあなたは自由に新しいツールを
受け取ったり作ったりすることができます!

ここで、太陽系のその他の惑星が登場します。

それぞれの惑星は、
全ての人間にとっての深い原型を象徴します。

毎月、ある特定のエネルギーを無条件に見せてくれますので、
ぜひそれを受け取って体現してください。
(実はもともとあなたの中にも既に存在しています)


そしてそれらの星のエネルギーを集めて、
意識的に使っていくことで、
多次元的な大きな進化が可能になるのです。

惑星たちがしっかりとサポートしてくれます。
ぜひ惑星とともに歩み、惑星と会話してください。

あなたの物語を話してください。
一か月間はその惑星に完全にフォーカスしてください。


すると、古代の知恵がまったく新しい形で
「みずがめ座の時代」(現代)にやってきて統合されるのです。







Copyright© 翻訳 山口はな
株式会社ハッピーハッピークリスタルスクール
*-----*-----*-----*-----*-----*-----*
Marilyn&Tohmas Twintreess/AhhhMuse
日本総代理店
株式会社ハッピーハッピークリスタルスクール
www.happyhappycrystal.com
ahhhmuse@happyhappycrystal.com
*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

このサイトのすべての文章・写真・内容は
株式会社ハッピーハッピークリスタルに帰属します
無断転載・流用は禁止します
Copyright© HappyHappyCrystalSchool Corp.







| ■■■ 惑星のプログラム♪ | - |